プロポリスのすべて

プロポリスで胃痛改善

シクシク胃が痛い。大なり小なり誰でも経験があるはずです。胃薬を常に携帯している人も少なくありません。プロポリスには胃痛を改善する効果も報告されています。

胃痛がおこるメカニズム

胃の役割は、胃に入ってきた食べ物を腸で吸収しやすくするために胃液と混ぜて小さく粉砕してドロドロの状態にして、腸に送りこむことです。胃液に含まれる胃酸は金属を溶かすほどの強力な酸で食べ物を溶かし、食べ物の中の菌を殺菌します。この強い胃酸を胃の組織から守るのが胃粘膜です。胃は常に胃粘液を分泌して胃粘膜を保護しています。この胃液と胃粘液のバランスが崩れると、胃の粘膜が傷つけられて胃痛がおこります。また、胃液と胃粘膜のバランスではなく胃の壁の筋肉が緊張しておこる「胃痙攣」もあります。

胃痛の原因

胃痛がおこる原因には、暴飲暴食、ストレス、過度の喫煙や飲酒、過剰な刺激物の摂取、薬の副作用などが考えられます。また、胃腸炎や胃潰瘍の原因となるピロリ菌が繁殖して胃の粘膜を傷つけておこる胃痛もあります。

プロポリスの胃痛改善効果

プロポリスが胃痛の改善に効果がある理由は、主に2つあります。

血流改善作用

プロポリスに含まれる成分には、新陳代謝を活性化して血流を改善する効果があります。ストレスなどの影響で自律神経が乱れ、胃の血流も悪くなります。プロポリスが胃の血流を改善することで、胃の働きが正常になり、胃酸と胃粘液のバランスも保たれるようになります。

ピロリ菌を撃退

ピロリ菌は毒素を排出して胃の表面の細胞を攻撃します。その結果、胃粘液の分泌が悪くなり胃痛を引き起こします。普通の菌は胃の中の強い酸で除去されますが、ピロリ菌はウレアーゼというアンモニアで自分の周りを中和して胃の中で生きることができるのです。プロポリスには、このウレアーゼの生成を阻害する働きがあることが報告されています。つまり、ウレアーゼの生成を抑えることでピロリ菌が胃酸で死滅するのです。

正しい生活習慣で胃痛を予防

胃痛を予防するには、暴飲暴食や過度な喫煙はやめて規則正しい生活習慣をつくることが大切です。そして、健康な体作りのためにもプロポリスを愛用することをオススメします。