プロポリスのすべて

プロポリスは痔にも効く?

恥かしくてなかなか人に言えないのが「痔」です。男女に関係なく多い疾患のひとつで、悪化すると手術が必要になります。ほとんどの場合は軽度のもので、薬と生活習慣を改善することで治ります。プロポリスには痔の改善効果も報告されています。

痔の種類

痔には「いぼ痔」「きれ痔」「痔ろう」の3つがあります。

いぼ痔

いぼ痔は、直腸や肛門がうっ血して、いぼのような腫れがおきるのが特徴です。直腸付近の内側にできるタイプと肛門の皮膚にできるタイプがあります。出血は少ないですが痛みがあります。主な原因は、便秘によるものです。便秘で排便痔に力んだり長い間座っていることで肛門に負担がかかり、肛門のまわりや直腸がうっ血して腫れたり入り口が切れたりします。便秘以外に刺激物やアルコールの過剰摂取による下痢やスポーツなどによる力み、冷え性なども肛門に負担をかけて痔の原因になります。

きれ痔

きれ痔は、硬くなった便が排泄時に肛門を傷つけるのが原因です。出血がありズキズキとした痛みを伴います。

痔ろう

痔ろうは、肛門腺という腺の中に細菌が入り込み炎症をおこして化膿するのが原因です。痛みや熱を発することがあり治療には手術が必要です。

プロポリスが痔に効果がある理由

一般的な痔の治療薬には、「炎症を抑える」「痛み・かゆみを抑える」「末梢の血液循環を良くして、うっ血を改善する」などの効果があります。プロポリスにも同様の効果が報告されています。

炎症を抑える

古代ギリシャ時代からプロポリスは傷や炎症の治療に使われていました。日本臨床薬理学会で発表された研究報告では、抗炎症薬のケトプロフェンと同様の効果があると報告されています。

痛み・かゆみを抑える

炎症や痛みに関係しているのが「プロスタグランジン」という物質です。プロスタグライジンは、痛みを強め血管を拡張して炎症を引き起こす働きをします。プロポリスに含まれるフラボノイドには、このプロスタグランジンの生成を抑制する効果があります。

末梢の血液循環を良くして、うっ血を改善する

プロポリスに含まれるフラボノイドには、血行を促進させる効果も報告されています。また、アミノ酸などの成分は破壊された組織を修復して、傷の回復をサポートします。

プロポリスでの痔の治療方法

プロポリスを痔の治療に使う場合は、外用薬として患部に塗るのがベストです。原液を直接塗るのは刺激が強すぎるのであまりオススメできません。馬油などに混ぜて使うか、プロポリスの軟膏を使うのが良いでしょう。

プロポリスで内と外から健康づくり

プロポリスを塗ることで痔の症状の改善は期待できますが、体の中から健康になることも痔の改善に無関係ではありません。体の中から血行を改善し免疫力を高めることも大切です。プロポリスで体の内と外から健康づくりを目指しましょう。

参考
抗ガン作用を持つプロポリスの性質
https://www.mcloonesatfavorites.com/kougannsayou.html