プロポリスのすべて

自律神経失調症をプロポリスで治す

近年増え続けているのが「自律神経失調症」です。体に不快な症状があって病院に行っても原因が特定されない病気で、慢性化したり「うつ病」などにつながる危険性もあります。プロポリスには自律神経失調症に対する効果も期待されています。

自律神経失調症とは

自律神経失調症は、自律神経が乱れることでおこる病気の総称です。

自律神経失調症の原因

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この二つがバランスをとって働いています。交感神経は主に昼間働き、脳や体を活発に動きやすくします。一方、副交感神経は主に夜に働き、体の疲れを回復させます。交感神経と副交感神経がバランス良く保たれることで心と体の健康が維持されるのです。このバランスが乱れが自律神経失調症の原因です。また、女性ホルモンのバランスが崩れることで自律神経のバランスが乱れることもあります。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状には「肉体的症状」と「精神的症状」があります。肉体的症状は、「だるさ」「めまい」「慢性的な疲労」「頭痛」「動悸」「ほてり」「不眠」「便秘」「下痢」「耳鳴り」「手足のしびれ」などがあります。精神的症状には、「イライラ」「不安感」「あせり」「憂うつ」「やる気がない」「感情の起伏が激しい」などがあります。

バランスが乱れる原因

自律神経のバランスが乱れる原因には、「生活習慣の乱れ」「ストレス」「環境の変化」「女性ホルモンの乱れ」などが考えられますが、体質などの個人差もあり正確な原因を見つけるのは難しいと言われています。

プロポリスの効果

プロポリスが自律神経失調症に効果が期待される理由は、いくつかあります。

フラボノイドで活性酸素除去

さまざまな病気の原因とも言われる活性酸素。ストレスなどが加わると体内に活性酸素が発生し自律神経を乱す原因にもなります。プロポリスに含まれるフラボノイドは活性酸素を除去し自律神経の乱れを抑える効果があります。また、鎮痛効果で頭痛などの痛みを軽減する働きもあります。

ホルモンのバランスを整える

フラボノイドに含まれる「イソフラボン」には、女性ホルモンと同じ働きがあります。更年期などで乱れたホルモンのバランスを整える効果が期待されています。

プロポリスでバランスの良い体づくりを

不快な症状があると日々の生活も辛くなります。体と心を健康に・・・プロポリスはバランスの良い体づくりに役立ちます。

参考
プロポリスの安眠効果
https://www.uonuma-city.jp/peaceful-sleep.html