プロポリスのすべて

ローヤルゼリー配合のプロポリス

ミツバチが集めた健康食品としてよく知られているのが「ローヤルゼリー」です。ローヤルゼリーとプロポリスは蜂が集めたものが原材料ですが、その成分は全く異なります。

ローヤルゼリーとプロポリスの違い

ローヤルゼリーとプロポリスは、「ミツバチの種類」「目的」「成分」に大きな違いがあります。

ミツバチの種類

ローヤルゼリーは、一般的なミツバチが花粉を体内で合成して分泌したものです。世界中のミツバチが作り出すものですが、プロポリスは「アフリカミツバチ」という限られた種類のミツバチが、樹液などを体液と絡めたものです。世界でも限られた地域でしか採集できません。

目的

ローヤルゼリーは女王蜂だけの食事です。働き蜂も女王蜂と同じメスですが、食べ物が異なります。ローヤルゼリーだけを食べているメスが、女王蜂に成長していくのです。つまり、ローヤルゼリーは女王蜂を育てるのが目的です。一方、プロポリスは巣の中の幼虫や卵を細菌やウイルスから守るために巣に塗りつけた塊です。

成分

ローヤルゼリーは、水分が約65%でタンパク質・アミノ酸約13%、炭水化物約15%、脂質約3%、その他の成分が約3%になっています。特にタンパク質は必須アミノ酸のバランスが良く良質なものになっています。また、その他の成分に含まれている「デセン酸」には、ホルモンバランスを整える効果や自律神経の調整などの効果が期待されています。

プロポリスは、フラボノイドなどの抗酸化物質やビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に含まれています。殺菌・抗菌や抗炎症効果、免疫力アップ、新陳代謝の改善などの効果が報告されています。

ローヤルゼリーとプロポリスの相乗効果

ローヤルゼリー配合のプロポリスは、それぞれの効果が組み合わされることで相乗効果が期待できます。新陳代謝を促進し、ホルモンバランスを整えることでより健康な体をつくりあげる働きが期待されます。ロイヤルゼリーもプロポリスも希少価値の高いものです。この自然の恵みを同時に摂取できるロイヤルゼリー配合のプロポリスは、オススメの健康食品と言えるでしょう。