プロポリスのすべて

プロポリスと虫歯の関連性

虫歯は全世界の7割、日本人の9割がかかっているもっとも身近な病気です。毎日歯磨きをしていても虫歯になる人も少なくありません。虫歯を予防するのにはこまめな歯磨きが大切ですが、毎日丁寧に磨くのは大変です。プロポリスには、虫歯を予防する効果もあります。

虫歯とは

ほとんどの人がかかる虫歯ですが、具体的に虫歯とはどのようなものでしょうか?

虫歯になるメカニズム

虫歯は、歯についた歯垢(プラーク)の中の虫歯菌(ミュータンス菌)が酸を出して歯を溶かす病気です。通常は、唾液で酸を中和して虫歯にはなりませんが、口の中の酸が強くなると虫歯にかかりやすくなります。

虫歯になる原因

虫歯になる原因にはいくつかあります。もっとも多いのが「きちんと歯磨きをしない」ことです。いい加減な磨き方では歯垢を落とすことはできません。もうひとつの原因は、「甘い食べ物」です。虫歯菌は糖をエサにして繁殖するので、甘い物の食べすぎは良くありません。
その他、歯並びや唾液の量なども虫歯の原因になります。

プロポリスの虫歯予防効果

プロポリスが虫歯予防に効果がある大きな理由は、プロポリスの強い殺菌・抗菌作用です。プロポリスの効果についてはさまざまな研究が発表されていますが、2013年に30人の子どもたちに5%濃度プロポリス3mlで実施された実験では、口をすすいだ1時間後の唾液を測定しました。その結果、子供たちの9割にミュータンス菌の大幅な減少がみられたそうです。また、2011年に実施された、プロポリスのマウスウォッシュと食塩水、抗菌薬のクロルヘキシジンのグループの実験では、クロルヘキシジンにはやや劣るものの歯垢形成と歯肉炎の抑制に効果があることが報告されています。

プロポリスの使い方

虫歯プロポリスを使う場合は、歯ブラシに2~3滴垂らして磨く方法もあります。しかし、プロポリスの原液は独特なニオイと味があるので慣れるのに時間がかかります。虫歯予防には、プロポリスが配合された歯磨きやマウスウォッシュがオススメです。プロポリス独特のニオイがなく手軽に利用できます。

プロポリスでお口を快適に

虫歯をそのままにしておくと、歯周病や口臭の原因にもなります。虫歯のない快適な生活のために、プロポリスを活用して下さい。

参考
プロポリスの抗菌・殺菌作用
http://search-robot.sakura.ne.jp/antibacterial.html
毎日の歯磨きにプロポリス
http://palestinethinktank.com/17.html